カメラの基礎知識『ISO感度』

こんにちは!

カメラの基礎知識、第三回目は『ISO感度』についての解説と使い方について解説していきたいと思います。

以前、カメラの撮影に大きく関わる「適正露出」について軽くお話をしましたが今回の『ISO感度』もこの適正露出に大きく関わる部分のお話になります。

まず、適正露出についておさらいですが、最近のデジタルカメラにはシャッター速度、F値、ISO感度の三つを代表に撮影シチュエーションに応じた様々な設定をすることができます。その様々な設定の中でも特に重要なのがやはり適正露出ということになります。適正露出とは、カメラで写真を撮る場合に、撮影場所は屋内であるのか屋外であるのか、被写体は動くものか動かないものか、周囲の明るさは明るいか暗いか、などのシチュエーションに応じてのカメラの撮影モードを決めるようなものになります。おそらくお手持ちのカメラにもシチュエーションに応じてのポートレートモードや夜景モード、常に動き回る子供の撮影に適したキッズモードなどの設定切り替えができると思います。こういったそれぞれのモードですが、これがもっとも簡単に適正露出を実現できる方法になります。

夜景の撮影ならば夜景撮影モードに切り替えます。するとシャッター速度は遅くなり、F値の値は小さくなり、ISO感度は高い数値になる傾向に向くと思います。

屋外でのポートレートモードではシャッター速度は速くなり、F値の値は小さめになり、ISO感度はの数値は小さくなる傾向にあると思います。

状況に合わせて、シャッター速度、F値、ISO感度の三つの数値がシチュエーションに合っていると思われる状態を適正露出と呼びます。

ISO感度とは

一言で表現するのであれば、ISO感度の数値を上げることで周囲が暗い状況下においても写真を明るく撮影することができるようになる、といったところでしょうか。これだけ聞くと夢のような機能のように思えます。ですが、いいことの反面にはやはりデメリットが存在します。ISO感度の数値を上げることで写真は暗いところでも明るく撮影できるようになりますがその代償としてノイズ、と呼ばれる画質が低下する現象が目立ってくるようになります。ISO感度の数値が大きくなればなるほどノイズによる画質の低下が大きくなります。

ノイズとうまく付き合うには

ISO感度を高く設定することで暗いところで明るく撮影できるが過度な使用はノイズによる画質低下を招く。

では、ISO感度とはどんな場面で活用できる機能なのか考察していきたいと思います。

まずはサッカーのような動きの速いスポーツでのシーンです。動きの速いスポーツの撮影シーンではシャッター速度は数百分の1や数千分の1といった速いシャッター速度が求められます。シャッター速度を速めた場合、シャッターの開放時間が短くなり、光の露光量が少なくなります。すると写真は暗く写ります。そこでISO感度の出番です。シャッター速度は速く、ISO感度の数値を高くすることで写真の明るさの調整が可能になります。厳密には、使用しているレンズの望遠距離やF値の値にも左右される部分もありますがざっくりとシャッター速度とISO感度との関係性を例えてみました。

数値を上げるばかりがISO感度ではない

上記ではISO感度の数値を上げた場合のノイズの部分にフォーカスを当てましたがISO感度は数値を下げることで解像度が最大まで高まります。ISO感度を低く下げ、解像度を高めた設定値を「ベースISO」と呼びます。このベースISOの状態で撮影できるシチュエーションは写真撮影にとって最も適したシチュエーションと言えるかもしれません。ベースISOでの撮影が可能なシチュエーションを考察してみたいと思います。

太陽の光を多く取り込むことができる大きな窓のあるカフェでのおいしそうな料理の撮影に挑戦、といったところでしょうか。シャッター速度を遅くせずとも明るさは充分あり、明るさがあればF値の値も好みに設定できます。F値の設定が自由にできると背景のボケ感も自由自在に表現できるようになるのでまた一つ表現の幅が広がります。そして、このシチュエーションではISO感度は最低のベースISOでの撮影が可能でしょう。ノイズのない写真はそれは鮮やかに料理の質感を切り取ることができるでしょう。もしも、多少明るさが足りないシチュエーションであればシャッター速度をやや遅くしてみるといいでしょう。料理は動かない被写体なので手ブレさえ気を付ければISO感度に頼らずに鮮やかな写真を撮ることができると思います。

まとめ

ISO感度についての解説と、ISO感度の使い方について考察してみました。

シャッター速度、F値、ISO感度、それぞれの数値が巧みに混ざり合うことで写真の表現の可能性は無限に広がります。それが写真の最大の面白さであり、表現の工夫しだいで、歴戦の猛者たちともいえるプロカメラマンたちとの写真戦争にも一矢報いることができるかもしれません。

たくさん写真を撮ることは技術の上達のために欠かせないことですが、今回のこの記事が誰かの写真の技術向上のお役に立てばうれしく思います。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

また次回にお会いいたしましょう!

広告

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA