失敗しない人生を送るために【マインドマップを作ろう】

・もくじ
1、マインドマップを作成して人生を変えよう
 1-1、人生を変えるのは難しい?
 1-2、失敗した場合は?成功した場合はどうなる?
 1-3、自分自身のリスクの許容度を知るべき理由
2、行動、行動、また行動!
 2-1、行動した後に、さらに行動を継続するべき理由!
 2-2、できること!ではなく、やりたいことで人生を切り開く!
3、自分に正直に人生を生きるべき理由
 3-1、自分に正直に人生を生きる方法
 3-2、無料で作れるマインドマップで目標を達成するための地図を作ろう
   【無料で使えるアプリ 『マインドマイスター』を使用した例】

高校、大学、会社、自身の置かれている状況に満足している人は日本にはどのくらいいるのでしょうか。

毎日の生活に不満を感じることなく生活することができたら、想像するだけでもわくわくしてきませんか?

今回は『人生を変える』ために、まずは何をするべきかについてのお話をしてみたいと思います。

私自身も人生を変えるための勉強を続けていますが、その一端をご紹介いたします。

早速、始めていきましょう!

1、マインドマップを作成して人生を変えよう

1-1、人生を変えるのは難しい?

人生を変える、と一言で言ってもそのゴールは人によって様々です。

会社からの束縛から逃れたい人、
退屈な学校から飛び出して社会に飛び出したい人、
経済的な不利を挽回したい人、
夢を持って世界に飛び出したい人、

少し考えただけでも、いろいろな状況が想定できます。

では、次にあなたが人生を変えるための行動を起こせていない理由を考えてみたいと思います。

失敗が怖い
失敗して損をする
経済的に余裕がない
時間をかける余裕がない
何から始めたらいいかわからない

マインドマップを作成することで分かるのはあなたにとっての『今、やるべき事』です。

夢や目標がある方ならもちろん、まだ若くて将来をこれから切り開こう、と模索中の方も自分自身を客観的に見直すことができます。

一日に30分の活動や勉強がより良い将来を築きあげます。

現在の私も若いうちにこのことに気づいていれば、と後悔の念もあります。

とはいえ、気が付いたときに自分の意志で、自分の意識を変えて人生を切り開くしか手段はありません。

できるならば、この記事を読んで頂いた方にはより良い未来を描き出せることができる力を見つけて頂きたいと考えています。

 

1-2、失敗した場合は?成功した場合はどうなる?

人生を変えるための行動を起こすことは不安が付きまとうものです。

好きなことを仕事にしようとしても簡単には達成することは難しいでしょう。

チャレンジするも、うまくいかずに失敗してしまうこともあります。

しかし、人生を変えるチャレンジに、失敗は必ず起こります。

現在、成功者と呼ばれる有名な人であっても、必ず失敗を経験しています。

ただ、成功する人は失敗を失敗で終わらせずに教訓として学習して次の挑戦へと進みます。

一度、二度の失敗は必ず起こると割り切って行動を起こすことで挑戦することへの恐怖心は薄れていきます。

ただし、二度と立ち上がれないほどのリスクを負うような行動は控えましょう。

『リスク許容度』については次章にて後述しています。

成功した時に訪れる人生を思い描くことで気力は高まります。

『継続は力なり』です。

逃げ道を確保しながら行動を続け、失敗しても立ち上がり、また失敗してもまた立ち上がり、少しずつ成長することで成功への糸口は必ず見つかります。

失敗して落ちていく自分自身の姿よりも、成功して輝く日々を送る自分自身を想像して、気力を高めましょう。
次章では『自分自身のリスク許容度』との向き合い方について書いていきます。

1-3、自分自身のリスクの許容度を知るべき理由

人が百人いれば百通りの『リスクの許容度』があるといえます。
 許容度を図るためのものさしは、次の五つの要素から導くことができます。

1、年齢
2、貯金
3、保有資産
4、家族構成
5、達成するべき目標(憧れの職業に就く、資産を目標額に届かせる。)

これが全部の要素ではありませんが、大きくはこの五つで判断するべきです。

年齢が若ければ失敗してもすぐに立ち上がれるでしょうし、貯金が多ければ生活資金の心配をすることなく挑戦を続けられます。

インフレやデフレといった世界経済への動きに対応するために「株、投資信託、仮想通貨」、の知識や保有もあると安心です。これは老後や子供の進学資金としても有効です。

第一に、家族の生活を危機にさらすような挑戦や投資には慎重になるべきであると私は考えています。

自分自身の置かれた環境からリスク許容度を分析しましょう。

分析にはマインドマップ作りが効果的です。

Photo by Rosie Kerr on Unsplash

Photo by Rosie Kerr on Unsplash

 

2、行動、行動、また行動!

2-1、行動した後に、さらに行動を継続するべき理由!

【1-2】で先述した内容と似ているお話になってしまいますが、大事なことなのでもう一度、『行動』することについて考えていきます。

■達成するゴールを明確にする 
■必要な情報を集める
■行動を起こす
■継続する

ゴールを明らかにすることで、自分自身への課題が見えてきます。

課題を認識すると、勉強するべき事、知るべき情報が見えてきます。

知識や情報がそろったら、さっそく行動に移します。

とにかく、継続させます。

行動を続けることで次の課題は自然と見えてくるものです。

次の課題が見えたら、必要な知識を吸収しましょう。

基本は、この繰り返しとなります。

私は数十年間、電気の技術者として会社員をしてきましたが、学生時代は商業課で経理関係を勉強していました。

経理は「商業系」、電気の技術は「工業系」、完全に真逆のジャンルです。

電気の知識など全く持っていなかった私が、なぜか電気の技術者として就職してしまったのです。

最初は当然、使い物になりませんでした。

しかし、3年を過ぎたあたりから無意識のような感覚で電気の知識を吸収できるようになっていきました。

国家資格である「電気工事士一種」も難なく合格できるほどになりました。

この経験から、継続することの「大切さと強さ」を学びました。

知識も経験もないうちからうまくいく可能性は低いのが当たり前です。

行動を続けることで知識と経験は蓄積されます。

さらにマインドマップによって目標を明確にして、目標への階段を一歩一歩、進んでいく「感覚」をつかみましょう。

2-2、できること!ではなく、やりたいことで人生を切り開く!

昔、上司に言われた言葉をたまに思い出します。

『自分のやりたいことを仕事にするより、できることを仕事にする方がうまくいく』
納得する部分もありつつ、私の理念とは反していました。

できないことも努力の積み重ねで、できるようになることが分かっていたからです。

私の言い方に言い換えるとこうなります。

『できないこともできるようにすることで仕事にできる』

夢や目標を達成するということは、できないことをできるようにする、ことだと私は考えます。

学者さんも、政治家も、お金持ちも、生まれた育った環境は違っても同じ人間です。

今は大きな差があったとしても、努力を継続することで、その差は徐々に縮まるはずです。

3、自分に正直に人生を生きるべき理由

3-1、自分に正直に人生を生きる方法

就職して生活を維持していくことだけが人生になりかけていました。

Twitterで私を知っている方は、私が『写真家』を目指して活動していることはご存知と思います。

今までの会社員生活の経験はこれからの人生でも生かされていくだろうとは思います。

ですが、当たり前のように始まっていた会社員という生活に疑問を感じてしまいました。

そんな時に出合ったのが『写真家』という生き方でした。

夢は道半ばの状態ではありますが、マインドマップによって、自分自身の将来だけではなく、家族の将来設計も見据えることができました。

夢へのアプローチのための行動理念。

家族の将来設計。進学への備えはどうやって、いくら貯めるか。

老後の蓄えはいくら必要か、どのように準備するか。

この三つの備えについて考えてみるだけで、これからやるべきことと学ぶべきことが、うっすら見えてくると思います。

今、私が取り組んでいるものをご紹介するならば、

『積み立てNISA(ニーサ)』
『ジュニアNISA』
『ビットコイン(仮想通貨)』

この3本の柱で、将来への備えを準備しています。

【注意!)投資は自己責任です。しっかりと必要な知識や情報を蓄えてから行ってください。】

投資というと怖い、危険、のイメージを持っておられる方もいらっしゃると思いますが、正しい知識で取り組むことで将来を一変させるほどの威力があることも確かなようです。
(私の投資の失敗談などもそのうちに記事にしてみたいと思います。)

少し、話がそれました。

人生は変えられる、と信じて行動するわけですが、やみくもに進むのでは回り道をしかねませんし、ゴールが見つからなくなってしまう場合も考えられます。

 私はTwitterのフォロワーの方からのアドバイスでマインドマップの作成を行ったのですが、自分の置かれている状況を整理することの大切さを知ることができました。
 
今回の記事はそんな『マインドマップの大切さ』についてでした。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。
この後、おまけとしてマインドマップの作製に便利なツールを簡単にご紹介して終わりにしたいと思います。
また、次回もよろしくお願いいたします。(*’▽’)

3-2、マインドマップで目標を達成するための地図を作ろう
    【無料で使えるアプリ 『マインドマイスター』を使用した例】

りべお
りべお
画像は
>>Mind Meister(マインドマイスター)
というアプリを使用したマインドマップの作例です。
直感的に操作が可能なので簡単にマインドマップの作成ができます。
無料プランもあります。
こちらの記事も参考にご覧になってみて下さい。
無料で使える!マインドマイスターの使い方【Mind Meister】
ふぉと
ふぉと
広告
広告

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA